logo.gif
  信州 白馬みそら野 電話0261-72-5360

白馬を訪れるライダー、サイクリストやキャンパー他に安心に安価で素泊まりが出来る宿として、
プチホテル 白馬葡萄屋の客室でプライベートにお過ごし頂けます。

self.psd

2016.07.04
本年度の営業を開始致しました。

baikimai.jpg

■ 料 金

素泊まり1泊  
アウトバス1室 1名〜5名 個室利用
お1人様 税込み ¥2,000
バス付 1室 1名〜3名 個室利用
お1人様 税込み ¥3,000

プライベートを重視したお部屋で静かにゆっくりとお過ごし頂けます

朝食・夕食のご提供はありませんが、近隣には。大型スーパー、コンビニ、レストラン、食事処、居酒屋等多数ございます。ご案内を致しますので、お気軽にご相談ください。


おすすめ 居酒屋 呑者屋 Nonjyae

白馬村オリンピック道路沿いの居酒屋呑者屋は、白馬の山をバックに自然の中にたたずむお食事処です。
店内からは、白馬三山、ジャンプ台など雄大な自然の展望を楽しむことができます。昼はそば処、夜は居酒屋風のメニューに変身します。お手頃な値段で、おいしい料理をいただけるのがうれしい。メニューは100品近くあるので、いろんな味を楽しみましょう。

営業期間 通年
営業時間 10:00~16:30、17:30~24:00  
定休日 木曜日(シーズンオフの夜のみ)※昼間は年中無休
駐車場 あり
クレジットカード 利用可
1人あたり予算 1,000円~
ランチ 全日あり 時間:10:00~16:30
メニュー例:そばセット
全客席数/わんこ同伴可能席数
全客席数:13テーブル、40席
犬同伴可:10テーブル、20席
予約 OK

nonjyae.jpg

DSC_4465.JPG

■ 営業期間とチェックイン・アウト

営業期間は、初夏〜早秋となります。 
オープン、クローズの詳細日は当ページをご覧ください。
チェック イン  PM3:00 
チェックアウト AM10:00

早着、深夜着もご対応可能です。
(フロンとにてルームキーをご用意しておきますので各自ご入室下さい。)


sentaku.jpg

■ 設 備

各室TV完備、シーツ・枕・掛け布団・自販機・シャワー室・洗濯機
フェイスタオルは販売(1枚¥100)・バスタオルはレンタル(1枚¥200)フロントにお申し付け下さい。
歯ブラシ・浴衣はございません。
各自でご持参ください。

所在地・地図記事

車でお越しの方へ

 中央自動車道 長野自動車道安曇野ICより
 R147・148より60分
 北陸自動車道 糸魚川CよりR148より60分
 関越自動車道 上信越自動車道長野ICより
 オリンピック道60分

※駐車場完備

電車・バスでお越しの方へ

 新宿より 特急あずさ号で 3時間54分
 東京より 長野新幹線 1時間19分 
 長野駅シャトルバス→白馬55分
 名古屋より 特急しなの号 3時間
 大阪より  新幹線・特急で 4時間30分

住所

 〒399-9301
 長野県北安曇郡白馬村みそら野2446−11

sign.jpgマップをクリックすると拡大表示することができます。
budoya.jpg

tel.png

kakeru.jpg

国道406号 白馬~鬼無里〜戸隠・長野

alups.jpg

白馬148号線、小学校手間の信号を右折して大糸線の小さな踏切を渡り、国道406号を東に向かう。嶺方の集落を抜け、しばらくは白馬に背を向けることになる。やがて現れたピーク、白沢トンネルが絶景。ここから の北アルプスの眺めは最高。この先、しばらくは展望がきかない。緑の谷間を走り、鬼無里の村へとたどりつく。鬼無里に1つだけの信号機から戸隠と長野方面へと抜ける。

また鬼無里から小川村への道路とオリンピック道路を利用して北アルプスの展望を楽しんだり、時間短縮も出来るので、このルートもおすすめです。
LinkIcon道路マップはコチラ


黒菱林道〜北尾根

kurobishi.jpg

白馬の麓から和田野の森を経て続く標高1500mの林道。終点はカフェテリア黒菱(旧 黒菱小屋)で絶景の連続。 八方のふもとから林道終点までの距離は約9kmで、標高差は760m。急峻・急カーブ・狭幅の林道ですのでゆっくり走行してください。
馬止めの橋から先はいよいよ山岳地帯の様相を呈し、みるみる高度を上げる北尾根に到着、遠く北信の山々が次々と現れ、麓との落差が広がるにつれて、「高いところへ来た」ことが実感できる。
眼前の白馬三山を眺め、林道終点がカフェテリア黒菱前の黒菱駐車場(普通車約200台駐車可能)。
黒菱駐車場から先、黒菱ラインの黒菱第3ペアリフトは約7分で黒菱平・鎌池湿原へと至り、ふもとからの八方アルペンラインと合流します。グラートクワッドリフトで八方池山荘へ、その先には天上の池《八方池》が待っています。